「Sambaサーバ」とは

「Sambaサーバ」とは クラウドファイルサーバ「Sambaサーバ」とは、パソコンのファイル共有サービスなどで使われているサーバ機能をクラウド化したものです。クラウドには、アプリケーションを提供するもの、プラットホームを提供するもの及びハード環境を貸し出すものと大別されますが、クラウドファイルサーバはアプリケーションを提供するサービスを指します。
このサービスは、Samba以外にも、NFSやWebDVやFTP、HTTPのプロトコルで実現しているものも存在します。Sambaは、昔からパソコンやPCサーバでインストールされていることが多かったため、これらのコンピュータとの相性が良いでしょう。クラウドの利用者は事業者とインターネット上で契約して直ぐにリモートデスクトップ等でアクセスしてクラウドファイルサーバを使えますので非常に便利です。この他、ストレージも利用可能です。予兆監視による自動切り替えはBJで冗長性を実現しています。

クラウドファイルサーバとSambaサーバ

クラウドファイルサーバとSambaサーバ クラウドファイルサーバはインターネット上のデータセンターに存在します。インターネットが普及して30年近くが経過しますが、今日ではクラウド利用が普通になって来ました。黎明期には分散環境が流行っていて、企業などはこぞってマシンルームを整えてコンピュータを管理していました。まだ高価だったため、社員は自席のパソコンから管理ルーム内のコンピュータへ直接アクセスすることはあまりできませんでした。
現在は、ネットワークが発達したため、インターネット経由であらゆる場所へ接続できます。クラウドファイルサーバもインターネット経由で接続して利用します。利用者はコンテンツを格納したり、退避したり、追加や削除を自由に行うことができます。Sambaサーバが実装されていれば、パソコンからの相性がよくなるので、個人利用でパソコンからアクセスされる用途には好都合です。パソコンでファイル共有するようにスムーズに操作できるでしょう。