クラウドファイルサーバ「NFSサーバ」のメリット

クラウドファイルサーバ「NFSサーバ」のメリット 今やクラウド機構は知らない間に無料で使用している時代です。
gmailはgoogle が無償で提供しているメール機能ですが、このgmailもクラウド上のメール機能です。
また、gmailで受信したメール内容はメールボックスに貯まっていますが、このメール自体はストレージに格納されていて、このストレージはクラウドのストレージという位置付けになります。
クラウドファイルサーバはストレージを保持しているファイルサーバとなります。
利用者はこのサーバにアクセスしてストレージへファイルを格納したり、ファイルを退避したり、削除や追加操作を行います。
ファイル規約のうち、昔のUNIXマシンで使われていた規約がNFSで、そのマシンをNFSサーバと呼んでいます。
クラウドファイルサーバはNFSを使っても問題ありません。
NFSを使うメリットは、UNIXマシンとの相性です。
他にもsambaなどがあり、適材適所で利用するのが良いでしょう。

クラウドファイルサーバとNFSサーバについて

クラウドファイルサーバとNFSサーバについて インターネットが普及して30年近くが経過しました。
黎明期にはサービス提供を受けただけでも感動しましたが、直ぐにインターネットを使う意味が何かを疑問視する人たちも多かったと思います。
当時はインターネットで何ができるかを各自考えて使う必要がありました。
その後、ブラウザも普及し、インフラも急速に整備されました。
並行して、コンテンツも爆発的に増えて、画像が動画に変わっていきます。
2000年を越えると、クラウドコンピューティングが提唱されます。
企業の分散環境の構築は、統合化の方向へ逆戻りし始めます。
クラウドは、クラウドファイルサーバをはじめいろいろなサーバで実現されています。
NFSサーバで実現されている場合もありますが、この場合、アクセスする側のクライアント端末にはNFSクライアント機能が必要なため、若干のデメリットになります。
クラウドファイルサーバはNFS以外のプロトコル規約で構成されているものもあり、選択により回避可能です。