クラウドファイルサーバのメリット

クラウドファイルサーバのメリット クラウドファイルサーバを導入する組織が増加して来ました。オフィス内の重要データを一元管理することが出来ます。費用対効果に優れた方法であり、現場で共有したいファイルは、クラウドファイルサーバに各職員がアップロードしておけば、それだけで業務効率化が実現します。

職場内で情報共有をするために紙の書類を毎回印刷していては資源の無駄になりますし、アナログの媒体は情報流出のリスクです。クラウドファイルサーバなら強固なセキュリティが情報が常に守られています。passwordを知り、クラウドファイルサーバのIDを取得した現場のスタッフしか、情報にアクセスすることが出来ませんので一安心です。

一般的なPCブラウザで、現場のスタッフは情報の閲覧、編集やデータのダウンロードが出来ます。別途専用のシステムを導入する必要がなく、今ある機材とネットワークをそのまま活用するため、投資の費用が要りません。タブレットやスマートフォン向けのアプリもあります。

クラウドファイルサーバーを活用すれば費用が削減できる理由とは

クラウドファイルサーバーを活用すれば費用が削減できる理由とは 書類やその他のデータを扱う機会が多い会社であれば、社内にファイルサーバーを設置してファイルを保管したり共有するケースがあります。社内のネットワークに接続可能なファイルサーバーを独自に設置する場合には、専用のドメイン名やIPアドレスを登録しなければなりません。これに加えて高価な機器を購入・メンテナンスをする必要があります。外部のクラウドファイルサーバーのサービスを活用すれば、設置費用や維持費を削減することができます。独自にファイルサーバーを設置する場合には、利用しない無駄なスペースが生じる場合があります。

クラウドファイルサーバーの利用料金は従量制なので、使用した分のみの費用を負担すれば済むというメリットがあります。これらに加えて、クラウドファイルサーバーを活用すれば自社でサーバーを設置・維持するための手間やコストも削減することができます。自社でサーバーを設置する場合にはセキュリティ面でも多額のコストがかかりますが、外部のクラウドファイルサーバーであれば安全性が高くて安心です。