このサイトではクラウドファイルサーバの中のNFSサーバに関して解説をしています。
様々な種類がある中でその使い方の違いや動作のメリットに関して解説をしているほか、その制御を行うためのsambaの解説も行っています。
現代ではサーバシステムの中でも重要な役割を担っているMicrosoftネットワークですが、そのポイントを十分に理解している人は少ないものです。
これらの疑問点を解決するとともに、おすすめの使い方について解説を行っているサイトです。

クラウドファイルサーバの種類:NFSサーバがおすすめの人

クラウドファイルサーバの種類:NFSサーバがおすすめの人 クラウドファイルサーバを選ぶ際にサーバネットワークを意識して選ぶ人は意外と少ないものです。
しかしこのサーバネットワークを十分に意識した上で選ばないと実際の使い勝手に大きな影響を及ぼしてしまうほか、場合によっては緊急時の対応等に大きな支障をきたしてしまうことも少なくありません。
その種類を的確に見極め、自らの使い勝手に合わせたクラウドファイルサーバを選ぶことが非常に重要となるのです。
その中でもNFSサーバは複数のサーバからのアクセスが可能であるため非常に便利なものとなっています。
近年では様々な拠点に分散してファイルサーバを配置することが主流となっており、これらのデータをバックアップする際には非常に使い勝手の良いシステムとなっているのです。
そのため複数のサーバのデータを統一管理したい場合におすすめのシステムとなっています。

おすすめのクラウドファイルサーバーの種類について

おすすめのクラウドファイルサーバーの種類について おすすめのクラウドファイルサーバーの種類は数多くありますが、一番安価で快適に利用できるのはSambaサーバが良いでしょう。
ユーザーごとのパスワード認証でクラウドファイルサーバーを活用することができるのでラップトップだけでなくスマートフォンやタブレット端末などでも利用することができます。
更にSambaサーバには使用する端末のOSを選ばないように作られており、Linux端末だけでなくWindowsを使用する場合であっても快適に利用することができます。
Sambaサーバでは設定したグループごとにファイルのアクセス権を割り振りすることも可能です。
例えば、特定の部署の従業員だけが閲覧できるようにディレクトリごとアクセス権を設定することが可能なので、適切にアクセス権を割り振りすることによって情報漏えいを防ぐことができます。
さらに使用しなくなったユーザーの削除についても、サーバーにリモートでアクセスして削除するコマンドを入力すればいいだけなので非常に簡単です。
通信速度は他のクラウドファイルサーバーよりも安定的になっていますし、サーバーのストレージが不足したときには内蔵型のHDDを増設するだけで解決できます。

クラウドファイルサーバに関する情報リンク

クラウドファイルサーバ